とある割烹料理屋の年末

私の父は割烹料理屋経営をしておりました。
物心ついたときから家の手伝いをしていた所謂、家族経営の店舗でした。
毎年約20件程のおせちの注文があり12月の30日は父のおせち作りを手伝うのが年末の恒例となっていました。
私は部活が終わってからなので16時頃から店に入りすべて終了するのが翌日4時といった労働基準法などなんのその、未成年の深夜12時間ぶっちぎり労働でした。
父の手伝いというのと料理に興味があったので特に苦ではありませんでしたが・・・
作業内容は子持ち鮎を煮詰めるのにひたすら煮汁をまんべんなくなくなるまでかけ続けたり1本のたくあんを100枚以上になるように切ったり盛り付け、洗い物、もちろん通常営業もしていたのでオーダー等未成年でバイト経験の無い私にとってはそれなりにハードだったのかと思います。
意外とそういった経験は成人してからも役立つもので調理関係のアルバイトではそれなりの知識と技術もあったので苦労はしませんでしたし、当時お小遣いをもらっていなかった私にとっては時給800円は魅力的で前向きにがんばれたと思っています。
そうこうしているうちに午前4時頃にすべての作業を終えて終了ではなくひるからそのまま配達へ同行します。
父の作るおせちは好評らしくお客さんも心待ちにしていたようで嬉しそうに受け取ってくれたのを嬉しく思ったのが今でも印象に強く残っています。
そうして配達が終わり18時頃にようやく家路につくわけですが肝心の我が家のおせちは30日に作ったおせちのあまりをタッパーに詰めたもの持ち帰るのが恒例でした。
ですので結婚して奥さんがおせちを買うまでまともに盛り付けされたおせちは食べたことがありませんでした。
ただ市販のキレイに盛り付けされたおせちよりも父と一緒に作ったおせちが私にとっては1番のおせちです。
そんな父も5年前に他界しあのおせちはもう食べることはできませんがきっと私のなかで色褪せること無くおせちの思い出は残り続けるかと思います。
あのおせちの味を再現させるとしたら料亭なだ万おせちといったところでしょうかね。

福袋大量買いの過去

私が中学生、高校生ぐらいの時はお年玉をもらっては自分の好きなブランドのお洋服の福袋に注ぎ込んでいました。
いつもは中々手が出せないブランドのお洋服が5千円から1万円で数点入っているなんて、すごいお得なんだ!と多い時で4.5個は一度に購入していました。
タグには元々の値段が書いてあり、どう計算しても払った金額より高い商品が入っていたのでとても得した気分になっていました。
しかし段々とこれは売れ残りの売りさばきのような物なんじゃないか、自分が思っていた商品が入っていないと思うようになっていき、大人になった今は全く買っていません。
サイズが合わなかったり、明らかに趣味が違う物であったり、結局気に入らずに着ることがなく捨ててしまったり、最終的には損しているかもしれないという結果に終わってしまいました。
なので今は福袋は買わずに目に見えて分かるセール品を買うようになりました。
納得した上で買いたいという心理ですね。
ですが根本的な福袋好きな感覚は捨てきれてはいないので、福袋であったらいいなと思うのは、1.2点は何が入っているか分かるようになっているものは良いと思います。
せめてそれだけでも分かれば残念な気持ちには少なくともならないからです。
後はやはり中に入ってる金額がかなりの高額商品だった時はかなりの満足感になります。
お洋服の福袋などの場合は、使いまわせるようなシンプルなもの、流行の物、カジュアルなものだとブランドによって変わるとは思いますが、色んな用途やタイプの物が入っているとより嬉しいかなと思います。
そしてどの福袋でも最近は多いですが福袋のその物が普段使えるちょっとしたカバンになっていたりオシャレなショップ袋などになっていると、まず目を引きますし中身だけに限らず袋目当てに買うなどということもあります。
買う側と売る側の色んな心理が働く福袋だとは思いますが、福袋という名の通り新年から福入っててラッキー!と思える商品がやはり嬉しいだろうと思います。
これからのシーズン登場してくる福袋2018予約のも大注目です。

半年ぶりの再会

朝から特に変わらない生活。

起きてからシャワーを浴び、お弁当を作り、仕事へ。
人間関係にストレスを感じながら黙々と仕事をこなし、
ただ時間が経つのを待つ面白くない時間。

そんな勤務時間が20時半に終わり、
帰ろうとした頃、ちょうど彼氏も仕事がおわったと
連絡がありました。
甘いものが食べたいなと思っていたので、そう伝えると
「クリームソーダ飲みたいな」と返ってきたので
仕事終わり、ミツヤ(カフェ)へ行くことに。

すでに帰りの電車に乗ってしまっていた私は、
途中の駅で降り、彼もその駅まで来てくれました。

彼に会うと、クリームソーダを飲みたい気持ちより
終電まで一緒にお酒を飲んでいたいなという気持ちに
代わり、イタリア料理屋さんに行くことに。

彼はこの後、私と共通の友人と飲みに行く予定が
あるということを後から聞き申し訳ない気持ちに
なりましたが、まだ時間大丈夫だからと言ってくれたので
少し安心しながら、ご飯を楽しんでいました。
いつもはメニューを決める時、優柔不断な私たちですが、
この日は珍しくスムーズに食べたい物をポンポン頼めたので
すごく良い雰囲気だった。

だが、食事中ずっと誰かと連絡をとっている彼。
仕事の連絡がいつも携帯に入るので
今日も仕事の連絡がたえないのかなと思いつつ、
ずっと携帯を触っていることには触れずにいました。

すると、店員さんのいらっしゃいませの声とともに
後ろの入り口から この後彼が飲みに行くはずだった友人が
やってきたのです。

その友人とは、私とも凄く仲が良かったが
久しぶりに会いたいなと思うばかりで
中々連絡をとる機会がなく半年ぶりの再会となった。

彼は、せっかくだから私にもその友人と会わせたい
と思ってくれたらしく、ずっと連絡を取ってくれたいたみたいで
食事中携帯を触っていた意味がわかりました。

友人に久しぶりに会い、また他愛のない会話ができた喜びと
嬉しいサプライズをしてくれた彼の優しさにとても感動した一日だった。

これで明日からもまた仕事を頑張れそうだ。
頑張ろう。